ビジネス書

ビジネス書

未来の年表2(河合雅司)レビュー

前作『未来の年表』から、国民それぞれに起きることについてブレイクダウンした書籍です。 前作のレビューはこちら 本作では、演繹的に個々人におこる具体的な環境変化について書かれています。 ・自宅が凶器と化す ・オフィスで新人...
ビジネス書

未来の年表(河合雅司)レビュー

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書) 河合 雅司 興味深い「年表」でした。抜粋すると、 2025年には、東京都も人口が減少に入り、4人に1人が高齢者になる。 2039年と2040年には死亡者がピークにな...
ビジネス書

僕らはそれに抵抗できない(アダム・オルター)レビュー

僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネス」のつくられかた アダム・オルター タイトルに惹かれて購入しました。 以前読んだことある『依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実』とも関係がありそうですし。面白い予感がしました。 「はじ...
スポンサーリンク
ビジネス書

残業学(中原淳+パーソル総合研究所)レビュー

先日からちょいちょい読んでいる、立教大学教授の中原淳さんの著書です。題材から、分析の方法からして、結構ツボなんですよね。 (私は大学で統計学をかじったので) 本書では、日本で長時間残業が発生してきた歴史的な経緯、残業から発生しうるリス...
ビジネス書

日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか(ロッシェル・カップ)レビュー

日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか? ロッシェル・カップ 2015年と少し前の本になりますが(もう4年前!)、タイトルに惹かれますよね。 内容を読んでも、今の日本にもまだ当てはまっていることが多いように感じまし...
ビジネス書

集中力がある人のストレス管理のキホン(川野泰周)レビュー

7月末に買っていたのですが、積読になっていたことに最近気づきました。 病院の待ち時間にサクッと読了。 7月末は私は疲れていたんでしょうかね。苦笑 でも、この本読んでよかったです。少し元気出ました。 著者は精神科医であり禅僧という方...
ビジネス書

モテる読書術(長倉顕太)レビュー

頭が良くなり、結果も出る! モテる読書術 長倉 顕太 2018-12-18 今回はこちらの本を読みました。そう、タイトルに踊らされて、ですね。苦笑 よく言えば、テンポよくサクサク読める。悪く言えば記憶に残りづらい。という感じでした...
ビジネス書

働く大人のための「学び」の教科書(中原淳)レビュー

前回読んだ本が面白かったので、今回も中原淳さんの著作を読みました。前回のレビューはこちら 著者のこれまでの研究は、新人や管理者を育成きていく「登山」の研究、これからの時代は、健康寿命が長くなり「下山」をしたり「再登山」する働き方が...
ビジネス書

女性の視点で見直す人材教育(中原淳)レビュー

女性の視点で見直す人材育成――だれもが働きやすい「最高の職場」をつくる 中原 淳 本日はこちらの書籍レビューです。 最近Twitterでフォローした中原淳さん(立教大学経営学部教授)の書籍です。人材開発、組織開発を研究している方です...
ビジネス書

後悔しない超選択術(DaiGo)

久しぶりに読書記録です。 ここ2週間はTOEICの勉強とかであまり読んでなかったのですが、少し読書再開しました。 後悔しない超選択術 メンタリストDaiGo 私は結構DaiGoの本読んだりしてます。DaiGoがよくテレビでカ...
スポンサーリンク