人を操る禁断の文章術(Daigo)レビュー

人を操りたいと思ったことはありませんか?
私はあります。自分が人に好かれるにはどうしたらいいかと考えていた思春期時代だったからです。
なので、ついつい今でも心理学関係の本を手に取ってしまうことがあります。メンタリストのDaigoの本は面白いですね。
著者曰く、文章では会話よりも簡単に人に行動させられるとのことです。なぜなら、その場での面と向かって話して誘導するの場合、相手の状況や小さな仕草をみて判断し、適切な言葉を用いて、良いタイミング・間を意識しないといけないからです。(コールドリーディング)
文章で行動させるためには、読んだ人に想像させるのがポイントで、心を動かす文章には共通する3つの原則があるそうです。

要約
1.あれもこれもと書き過ぎないこと
「伝わる文章」よりも「したくなる文章」を書く。ワンメッセージ・ワンアウトカム
2.きれいな文章を書こうとしないこと
表現が稚拙であろうと、個人的な思いや背景が盛り込まれた文章を書く。読み手の心と文章を結びつけるような文章を書く。論理ではなく、感情に訴える。
3.自分が書きたいことを書かない。自分で書かない。
ペルソナ(ターゲットとなる架空の人物設定)を考えて、その人の心に刺さる文章を書く。書くべきことは相手の心の中にある。

はい、私出来てないですね。苦笑

次に、行動させる7つのトリガーも書かれていました。
1.興味
2.ホンネとタテマエ
3.悩み
4.ソン・トク
5.みんな一緒
6.認められたい
7.あなただけの
これを見て、Daigoはさすがだなと感じてしまいましたね。人がネットで検索したりするのって、まさにこれらですよね。具体的なところ、詳細についてはうまくまとめられそうにないので、読んでみていただければ幸いです。宣伝。笑

最後は、実際に書くにあたっての5つのテクニックです。
1.書き出しはポジティブに
第一印象をプラスに
2.なんども繰り返す
同じ意味と感情を言葉を変えて繰り返す(10回くらい)。同じ言葉の多用(3回以上)はダメ
3.話しかけるように書く
詳しく書くときは、話し言葉でのQ&Aを想定して、文章に書き起こすと、わかりやすい文章になる。一人二役のようにシミュレートするとよい。
4.上げて、下げて、また上げる
ピンチや欠点などを混ぜ、最後にあげて終わらせる
5.追伸をつける
追伸をつけることで、相手の記憶に残る(引っかかる)。ドラマの次回予告や映画の予告編もこの効果

これらは一つの文章に全部盛り込む必要はないと思います。でも知っておくと便利ですよね!使ってみましょう!

読書
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント