1万円起業(クリス・ギレボー)

要約————————————
自分が得意なこと、詳しいことでお金を稼ぎ、生活することを目的にマイクロビジネスをやっている人がいる。
要件・目安
1.初期資金は100ドル〜1,000ドル(1ドル100円換算で、1万円〜10万円)
2.年間収益 5万ドル(500万円)以上
3.資格や特別な技能はなし
4.ごく少人数で行う
ルール
1.自分の興味・情熱と、他人の興味との共通部分
2.スキルの転用
3.魔法の薬
必要なもの
1.製品またはサービス=あなたが売るもの
2.代金を払ってくれる人々=顧客
3.支払いを受ける手段=製品またはサービスを、お金と引き換える方法
———————————————
サラリーマンとしての働き方だけがすべてじゃなく、今の時代はマイクロビジネスを始めることも、以前より容易になっていることがわかります。
たしかに、情報テクノロジーの発展により、ウェブページを作ることはとてもローコストでできるようになりましたし、これまで値段がつかなかった自分の知識や情熱が、値段のつく価値になっています。
それは、佐藤航陽『お金 2.0』でも述べられています。
顧客の航空会社のマイレージを駆使して旅行をコーディネートすることや、自作のブーケを作ること、結婚式カメラマンや、音楽教室の生徒マネジメント補助ソフトいろんなところにビジネスの種は転がってるんですね。
ただ、自分の知識・情熱を活かしてできる仕事は何なのか、考えてみると難しいもんです。
自分が飽きずに続けている趣味や、習慣がヒントになるかもしれません。
ビジネス書
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント