たゆたえども沈まず(原田マハ)

原田マハの美術系小説ということで、『楽園のカンヴァス』と似たようなテイストかと思っていましたが、違いました。
『楽園のカンヴァス』はミステリーチックでしたが、こちらはフィンセント・ファン・ゴッホと、その弟のテオドルス・ファン・ゴッホの苦悩や人生を追っている感じです。ゴッホや林忠正、ゴーギャンなど実在の人物を題材にした中に、林の後輩の加納重吉という架空の人物を据えて、物語にしているのが面白かったです。(逆に、どこまでが史実なのかわかなかったのですが、ゴッホがグーピル商会で働いていたり、聖職者を目指したことがあったり、林忠正がパリ・イリュストレで執筆したりなどは史実のようです)
テオの兄を想う気持ち、支える気持ち、兄だけでなく家族のことも考えないといけない苦悩、同じようにフィンセントの弟を想う気持ちなど、兄弟のすれ違いが心苦しいです。また林忠正のフランスで生き抜く姿も、渡仏した頃の過去が見え隠れして興味深かったです。これまで、中学の美術の授業で、ゴッホのことは聞いても、林忠正のことはこれっぽっちも出なかったので、こんなたくましい日本人が日本美術を広めたとは全く知りませんでした。
著者のほかの記事で、林忠正も知られてほしいと言っていたのが印象的です。

今年は夏休みにフランスに行きましたが、たゆたえども沈まずの絵柄の小さいポーチを買ってしまいました。笑

小説
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント