虚ろな十字架(東野圭吾)

夏休みなので、小説を数冊借りてきたので、ガツガツ読みます。笑

虚ろな十字架
東野 圭吾
光文社
2014-05-23



——————————
主人公は中原という男性で、ある日「元妻が殺された」という連絡を受けます。数日後に犯人は捕まったものの、強盗が目的で相手は誰でもよかったという供述。知っている人が殺されたことで気分が陰鬱になってしまうのはもちろん、犯人の供述にいまいちスッキリとしない中原は、遺族宛に手紙を書いてきた加害者の義理の息子に会い、真相に近づいていく。
——————————

中原と浜岡小夜子には、子供を殺されるという辛い過去があり、そこから夫婦生活がつらいものとなってしまい、離婚したのに、その元妻も殺されてしまうとは悲しいストーリーだと思いました。また子供の死から「死刑」という制度について小夜子が調べ、人からのインタビューを通して本の原稿にしている様子が描写されており、死刑制度についても考えされられる本でした。

終盤で真相が明らかになってくると、プロローグで出てきた2人が関係していることや、表紙カバーのイラストも理解することができます。勘のいい読者ならそのあたりで、うっすらと仁科史也と井口沙織に起こったことも推測できるように思いました。

小説読書
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント