科学的に元気になる方法集めました(堀田秀吾)

さて突然ですが、これまで書評は「だ」「である」の文体でしたが、「です」「ます」に統一しようと思います!
最近は職業柄、残業が多い日が続いています。そんな状態だからこそ読んんだのが以下の本。
この本では、明治大学の教授である著者が、世界の論文で発表された科学的に裏付けのある元気になる方法を紹介しています。
 
内容的には以下のようなことでした。
 
・身体が先で、その後に脳は考える
・笑顔になれば元気になれる。(元気だから笑顔になるのではない)気分もよくなり、ストレス解消
・楽しい動きをすると、楽しくなってくる
・背筋をまっすぐ伸ばせば自信がつく。
・動作に掛け声を足すと、勢いづく。
・難しい状況も逆に楽しむ。
・胸を張って生活することで「できる」オーラを発する。
・ぼーっとするといいアイデアが湧く
・20〜30分の仮眠で能力が34%アップ
・パブリックコミットメントで引くに引けない状況をつくる。
・オレンジ色のものをつけるとやる気アップ
・社会的意義より、個人の「好き」がモチベーション
・やけ酒・罵り、ネガティブ思考、欠点への注目は、マイナスでしかない。
以上のような内容を紹介してあり、疲れがちな現代人には非常にためになる書籍であると感じました。
 
皆さんも最近疲れが取れないな、と思ったら、読んでみてください。
読書
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント