同期・欠落(今野敏)

今野敏という作家の警察小説です。

主人公は宇田川亮介という警視庁の若手刑事です。ヤクザ事務所から逃げた組員を追っていたところ、発砲され、警視庁公安部にいる同期の蘇我和彦に助けられたことから物語は始まります。数日後彼が突然懲戒解雇になってしまい、行方不明になってしまいます。当初暴力団同士の抗争かと思われた事案ですが、徐々に明らかになってくる事件の様子から所々不自然な点が出てきて、宇田川たちは思い悩みながら推理を進めていきます。
宇田川のない勘が、非常に的を射て、事件の全貌を明らかにしていく様は、やはり「小説」と思ってしまうものの、読んでいて面白く、頭を使う小説でした。
シリーズとしては二作目の『欠落』では、宇田川の他の同期である大石陽子が鍵を握ります。また、相変わらず蘇我もキーマンです。立てこもり犯の人質になった大石は犯人に連れられ行方と安否がわからなくなります。その頃、宇田川は身元不明の女性が殺害された事件の特別捜査本部に入ることとなります。一見、関わりのない2つの事件が、関わり合い全容が明らかになる流れは、ページをめくる手がとまりませんでした。
警察小説として、非常に楽しめた2冊でした。また何か読みたいところですが、また今度。
小説読書
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント