貘の檻(道尾秀介)レビュー


久しぶりに道尾秀介の作品を読みました。相変わらず、仄暗さのあるミステリーという感じで面白かったです。
32年前の事件が、関係者の中で微かにすれ違い、悲しい結末となったことが明らかになるにつれ、やるせない気持ちになります。
巻末の市川真人(早稲田大学文学学術院准教授)の解説も興味深く、「なるほど、確かに」と思わせる内容でした。
——————————————
O村出身の主人公は、32年前に父親が殺人事件を起こし、母とともに村を出た。しかし、突如32年前の事件の関係者であった女性が、目の前に現れ、電車に轢かれ死んでしまう。
彼女の死と、32年前の事件の真相を見つけるため、主人公は息子とO村を訪れる。しかし、悪夢を見て事故に遭ったり、息子が突然いなくなったりと不幸な状況が重なる。事件の真相にせまる主人公に待ち受けるものとは。
——————————————
小説
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント