ポイズンドーター・ホーリーマザー(湊かなえ)

湊かなえの短編集で、以前本屋で見かけたかなんかした作品。

印象に残ったのは最初の蚤を取る話と、
表題作のポイズンドーターおよびホーリーマザー。
最初の話では、母親も妹もポイズンな感じで、姉も病んでしまったような感じでした。
姉にはいつも厳しいのに、妹には甘々の母と、その妹がネチネチと姉を馬鹿にすることによって、つらい日々を送ります。そんな中、妹が里帰り出産をする頃近くでは妊婦を狙った通り魔的事件が起きているのでした。
ポイズンドーターでは、毒親というものにスポットが当てられます。
主人公は、小さい頃から母親から厳しく育てられ、亡くなった父親と同じ国語の教師になるよう言われてきました。本人の希望なんて聞くこともせず、うるさくしつこく自分の考えを押し付ける、そんな毒親に、育てられたのです。
しかし主人公はそれを弾き返すように女優になります。そんな主人公のもとに「毒親」をテーマとした番組への出演依頼がくるのでした。自分の親が毒親であることをカミングアウトし、世間的に話題になりますが、母親は交通事故で亡くなってしまうのでした。
ホーリーマザーでは、ポイズンドーターの主人公に対して反論する、母親の知り合いの立場で描かれます。親が子に口を出すのはある程度正しく、本当の毒親はもっと酷いというのが、主張です。
この本を読んで、親の介入とはどこまでが許容されるものなのか、どうすれば子どもに正しく意図を伝えられるのか、という点が難しいんだな、と感じました。自分に子どもができたとき、毒親にならないように気をつけないと、と思いつつ、どこからが毒親なのか、という点についても熟孝しないといけないな、と思いました。
小説
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント