羊と鋼の森(宮下奈都)

外村というピアノの調律師のお話です。
高校時代偶然、調律に立ち会った外村は、ピアノに”森”を感じ、衝撃を受け、調律師になることを決意する。
専門学校を卒業し、当時高校の調律をした板鳥と同じ楽器店に就職した外村でしたが、なかなか調律師としてうまくいかずそれでも日々考えながら奮闘していきます。
調律でお客の家に行ったとき、和音と由仁という双子に出会い、和音の弾くピアノに心を打たれ、和音の調律をしたいというモチベーション等があり、日々の努力があり、調律師として成長していきます。
本書を読んでいて、幻想的かつ彩り豊かな印象を受けました。ピアノを森に例えているからでしょうかね。主人公の素直で真っ直ぐな努力が読んでいて気持ちよかったです。
原民喜の「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体」という引用を、ピアノの調律として考えた感性がすごいと思いました。
小説
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント