有頂天家族(森見登美彦)

狸と天狗と人間の織り成す、ハチャメチャ系小説。森見登美彦の独特な世界観が出ています。

 
主人公は狸の下鴨総一郎の三男、矢三郎です。「面白きことは良きことなり」を信条とする狸で、阿呆なこと面白いことをやらかします。
 
赤玉先生という天狗の世話をしつつも、半天狗のような人間である弁天や、ライバル家の夷川早雲、その息子の金閣・銀閣に振り回されながら、なんとか場を納めていく物語です。
総一郎の死のことや、偽右衛門の選出でごたごたしている後半の方が面白かったです。
小説
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント