夜行(森見登美彦)

10年前に失踪した長谷川さん。また、10年ほど前から、「夜行」という連作の絵を作った銅版画家の岸田道夫。
英会話スクールで一緒だった人たちと再会し、京都の鞍馬火祭りにでかけることになりましたが、メンバーは岸田道夫作品との奇妙な関わりがあるのでした。彼らの記憶の中には岸田の「夜行」と似たような風景を実際に見た記憶があるのでした。絵の女性のような人を見かけ、何か奇妙な事を体験するのでした。
なかでも大関は、鞍馬の火祭りからパラレルワールドのような別世界へ行き、長谷川さんや岸田道夫に会い、夜行と対をなす幻の作品「曙光」を見ることになります。
小説
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント