蜜蜂と遠雷(恩田陸)

本屋大賞ノミネート期間は継続してます。笑
前に読んだ『羊と鋼の森』(宮下奈都)もそうだったけど、音楽の世界を小説で表現できるのは凄いなぁと思っちゃいます。語彙力は勿論のこと、音楽から浮かび上がる風景や物語を、音楽を聴かせることなく、読者に想起させるなんて尊敬します。
読んで初めのうちは、小説内に出て来る曲知っていればなぁとか、YouTubeで聴いてみようかなと思いましたが、そうするとその音源の印象になってしまって、登場人物の演奏を想像する楽しみがなくなるのかもなぁと感じました。笑
でもやはり、この小説の凄いところは、読者にクラシック曲を聴きたがらせることだと思います。音楽に造詣がない私でさえ、TSUTAYA行ってみようかなと思わせるくらい、小説に力があります。そのうちCDレンタルでもしそうです(笑)
登場人物のキャラクターや、その心情の描写もよく描かれています。かつては天才少女と言われたがある日を境にステージを降りた栄伝亜夜、音大卒後、楽器店でサラリーマンをしながらも練習し出場している高島明石、子供の頃日本で栄伝と出会い、ピアノに出会ったマサル・カルロス、そしてユウジ・ホフマンの残した「ギフト」である風間塵。
最初は風間塵が主人公だと思っていましたが、読み進めてるうちに栄伝亜夜だと感じました。風間塵が音楽業界への爆弾と言うよりは、他の音楽家に対しての触媒として爆弾だったというのはグッと来ました。
以下ネタバレ

最後、誰が優勝したのかまで記載はありませんでしたが、細かいところを読むにマサル・カルロスのようです。(ナサニエルがおめでとうと声を掛けた、風間塵は3位、栄伝亜夜が優勝してもよかったという記載から)
でも、誰が優勝したかどうかはそれほど重要ではないのかもしれません。風間塵が栄伝やカルロスに多大な良い影響を与え、素晴らしい演奏を支えたという点がこの小説の見どころ(読みどころ?)なのです。
小説
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント