あなたの会社のお金の残し方、回し方 (三條慶八)

日経新聞の下部の広告欄で紹介されていたため衝動買い。

140億円の負債から再生させた、と帯には書いてあったが、それを全て返したわけではないとのこと。悪い言い方をすれば、融資による債権を民間サービサーに売らせて、債権を圧縮した(返済金額をかなり下げた)という話。合法であるということなので、インテリヤクザ感がありますね。
また粉飾ではなく、決算書に厚化粧、と書いてあるが、「前期と同じ額の売掛金があったら、そのうちの一部を『その他』に移してしまう。税理士にも協力してもらう」ってそれは粉飾じゃないのか?と思った。
もちろん、中小企業経営者には参考になる部分は多いと思う。また、家族を守るとか、会社が助かることを第一にとか、ある程度利己的な部分を重要視しているという点についてはよいと思った。
命や生活は大事ですからね。
ビジネス書
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント