騙し絵の牙(塩田武士)

大泉洋主演の「小説」ということで、珍しくも本当に大泉洋で脳内再生されてしまいます。笑
主人公のユーモラスな人柄が、本当に大泉洋っぽい!
薫風社という出版社で編集長を務める速水輝也が、自分の雑誌である「トリニティ」を廃刊にさせないように、上司である相沢の言うことを聞き奮闘する様を描いた物語です。
社会派小説ということで、出版業界の悲哀や、業界の先を憂いている描写、中間管理職の辛さなどがよく描かれていました。終盤、相沢と常務に対して労働組合の委員会で熱弁を振るう速水でしたが、うまくいかず、その後の最後のエピローグがよかったです。
顔がひろく、人たらしな速水が成功する流れ、またなぜ小説に固執していたのかという動機が明かされていき、結構すっきりとした終わり方でした。やはり人に好かれるキャラクターは、成功するんだなぁと思いました。
どうやら映画化もされるそうなので是非見ようと思います!!
小説
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント