村上海賊の娘(和田竜)

今日は、小説のレビューです。

登場人物
鈴木孫市 雑賀の党首

七五三の兵衛 眞鍋の当主
村上海賊の娘 景
信長が大坂本願寺に攻め入るとのことになり、大坂本願寺側の顕如、頼流、孫市は毛利に兵糧を依頼する。信長とも大坂本願寺とも対立していない毛利側は、上杉謙信が本願寺側に付くのであれば、大坂本願寺につこうということになる。
村上景は、大坂本願寺の門徒の上乗りとして、大阪に降り立った。泉州の海賊でえる、眞鍋七五三の兵衛と知り合い、信長側として、戦を見ることになった。
信長が援軍に来たことで門徒側の負けが一目瞭然となって、上巻終了。(私が読んだのはハードカバー単行本)次に下巻。

用語がうまくわからず、想像が難しい箇所もあったが、村上海賊と眞鍋七五三兵衛との闘いは圧巻だった。
また、景親が一歩踏み出して、勇気を出して敵を斬りつける場面にはぐっときた。
以下あらすじ
—————————————
源爺が織田方(眞鍋家)に立ち向かい、七五三兵衛の銛にやられる場面から下巻は始まる。
家を存続させるために戦をする海賊達を見て、景は自分が考えていた戦が、甘かったことを実感する。
七五三兵衛に冷えた目線と共に「面白ない奴」と言われ、現実の戦に打ちひしがれた景は、能登に戻る。
その後織田信長から木津川を閉鎖し守るよう言われた七五三兵衛と、毛利家につくことになった村上海賊は、海上で対峙し相手を伺う。村上武吉は、上杉謙信が動かなければ小早川隆景は動かないだろうと見抜き、村上海賊もそれに従うこととした。つまりは戦闘は起きずに戻ることである。
しかし、そのことを能登で景にぺらっと話してしまう。そうしたら、景は怒り、戦に出た一味を追うことになった。
和解を申し込むも飲まれず、孫市をすがり、七五三兵衛と戦う景。景がいないことに気づいた村上海賊は、助けに引き返す。
自ら囮となった景は、七五三兵衛に絶体絶命にさせられるが、実は生きて七五三兵衛の船に掴まって景親の元に行く。
その後、七五三兵衛の前に登場した景が、奮闘し、七五三兵衛軍を壊滅させ、船を乗っ取った。しかし、ここで実は七五三兵衛も生きており、船に掴まるのだった。

そして、最後に七五三兵衛と景の長い一騎打ちが始まる。景は満身創痍で意識朦朧だったが、幸運もあり七五三兵衛を打ち負かす。

小説
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント