外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話(ジョン太郎)

雨が続く日は気分が乗りませんね。そんな日は本でも読みましょうか。
以下は今年読んだ金融系の本で一番分かりやすかった!

ジョン太郎(2015) 『外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話』
翔泳社 



前にKindle
でセールだったので購入して読んだ。(今はわかりません)

基本的なことがわかりやすく書いてあって良書だと感じた。

著者が「子供に教えたい」という観点から書いているため、非常にわかりやすく、投資を始めたばかり、またはこれから始める人にとってとてもためになると思う。
 

PER(一株あたり利益:利益額÷総株数)
→投資したお金を回収するのに何年かかるか。数値が小さいほど割安
ただし、IT産業など成長力への期待が高いところは長くなる。

PBR(株価純資産倍率:株価÷一株あたり純資産)
→1倍または、1倍を切るのが割安株

ROE(株主資本利益率:税引き後利益÷株主資本)
→数値が高いと株主資本を効率よく使い経営がされている。

これらは覚えようっと。
 

投資・節約
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント