働く大人のための「学び」の教科書(中原淳)レビュー

前回読んだ本が面白かったので、今回も中原淳さんの著作を読みました。前回のレビューはこちら

著者のこれまでの研究は、新人や管理者を育成きていく「登山」の研究、これからの時代は、健康寿命が長くなり「下山」をしたり「再登山」する働き方が重要になるということで、本書ではそのための「学び」について書かれています。

確かに、人生100年時代となれば、キャリアアップだけじゃなく、リタイアや、働く量を減らすことは必ず起こりますしね。
本書では、3つの原理原則と7つの行動を軸として学び方について書かれており、、無闇やたらに勉強する前に、成長の仕方を考える上で役に立つと思われます。
私も、そこそこ読書はしますし、自己啓発して勉強して、ファイナンシャルプランニング、簿記、英語とやってきましたが、それだけではなく、もっと仕事をしていく上で本書で出てきた、背伸び、振り返り、つながりを考えてやっていきたいと思いました。
前回の『女性の視点で見直す人材教育』と少し被るところもありましたが、なかなか面白く、サクサク読めました。

中原教授の研究室のWEBページはこちら


ほぼ毎日と言える頻度で、ためになる記事を書いていらっしゃるので、是非読んでみてください。

ビジネス書読書
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント