結婚して4年で1000万円貯めた方法(DINKS)

結婚をして、将来子どもやマイホームのため貯金をしようと思ってはいるけど、なかなか貯まらないことってありませんか。

私はこの前、自分の家計の資産と自分のお小遣いの資産を数えてみたら、結婚してから貯めた部分だけで1,000万円を超えていました。期間は約4年です。

今回の記事では、私たち夫婦がどのようにお金を貯めたか紹介していきます。もちろん「給与の額や、支出の額など前提条件がお前とは違う」というご意見はあるかと思いますので、あくまで参考というか一例として考えていただければと思います。

前提

まずは前提として私の家庭の状況を説明します。

2016年の後半に結婚

2016年に20代後半で結婚しました。今アラサーです。

まだ2020年は途中ですが、家計分と小遣い分で1,000万円たまりました。おそらく12月末までには、家計分だけでカウントしても1,000万円は到達すると思います。

DINKs

共働きでいわゆるDINKsです。DINKsとはDouble Income No Kidsの略で、要は「共働き、子なし」をかっこよさげに言っているだけです。

年収は20代平均より高め

転職サイトのdodaの調査では、20代の平均年収は男性369万円、女性319万円とのことですが、私と妻はそれより年収が高いです。

平均年収ランキング 最新版(年齢別の平均年収)
ビジネスパーソン(サラリーマン)の平均年収/生涯賃金を、約40万人の年収データから算出。20代、30代、40代、50代以上など年代と年齢別にご紹介します【2019年版】。

賃貸・車なし

家は賃貸住宅です。車は持っていません。必要ならタクシーかカーシェア・レンタカーというスタンスです。

やり方

次に、実際のやり方、やったことを紹介していきます。私がFPの資格を持っていたこともあり、FPの参考書を見ながらやりました。

その割にはゆるいというか、なあなあな部分は多いのですが、あんまり根気詰めてやると続かなくなるので、よしとしています(自分に甘い)。

計画

1.まずは計画を立てます。家賃・水道光熱費・NHK・日用品・食材費などなど、家計から出す費用が毎月いくらかかるかを試算します。

2.次にその金額を2人の給与でどのように負担するか決めます。

うちの場合、毎月の支出は17万円程度と想定、2人の給与の7割で毎月30万円くらいを家計に入れることにしました。(割と適当)

ちなみに4年のうち途中で、マイホームの頭金や、子どもができた場合に備えて貯蓄ペースを上げようという話になり、家賃の安いところへ引っ越しました。(マイホーム買う予定はまだないのですが)

3.賞与(ボーナス)は8割を家計へ入れていました。ボーナスはまるまる貯蓄というか、これを生活費として使うことは考えていませんでした。そして、これも途中から9割を家計へ変更。正直そこまで自分の欲しい物がなかったです。

※もし真似する場合は、毎月の貯蓄額を決めて、家計からの支出と貯蓄目標額をまかなえるよう、2人の給与から家計口座に入れる必要があります。

具体的な生活費の支払方法

簡単にまとめると以下です。

  1. 家計用(家賃とか、水道光熱費とか、日用品)とかの支払いに充てる口座を用意(私名義の信用金庫口座)
  2. 家計用のクレジットカードとその家族カードを発行(楽天カード)。引き落とし口座は家計用口座
  3. 家賃と水道光熱費は家計用口座から口座振替、日用品とか食費とかは楽天カードで支払い。電気は楽天でんき。保有している楽天ポイントを毎月すべて使う設定
  4. 家での食事は食材費として楽天カード決済、外食は夕飯のみ楽天カード決済。
  5. その他は大体「2人で消費するもの」なら家計から出す。例外は医療費。これは相互扶助の精神で家計から支出。
  6. 旅行の宿泊費・新幹線代なども家計から。
  7. カード支払ができず現金の場合はどちらかが立て替えて、後で家計用口座から小遣いへ戻す。

ちなみに、結婚式もやりましたが、その費用は、結婚前から持ってる2人それぞれの口座から負担し、ご祝儀を家計口座に入れました。

貯蓄は、預貯金、定期積金、投信積立の3つに分けています。

なぜ家計用の口座に信用金庫を使っているかというと、以前、本で「信用金庫で給与振込口座にしたり、定期積金や定期預金などをやっておいたりすると、融資を受けたいときに審査が通りやすくなる」と読んだからです。ただ、今のところローンを組む予定はないですし、信用金庫は多少金利が高いかも、と思っています。

(ちなみに)お小遣いで払うもの

ちなみに毎月の給与の3割であるそれぞれのお小遣いで支払うものは主に以下です。

  • 日々の昼食代・・・平日・休日問わず。2人で食べても割り勘なり、自分の分を払う
  • スマホ代・・・2人とも格安SIMのmineo
  • 奨学金返済・・・2人とも奨学金借りてました
  • 交通費
  • 書籍代
  • 資格試験や参考書・・・妻は最近参考書とか買ってないかも
  • 習い事(ジムor英会話)・・・私は1年間ジムに通い、引っ越しを機に辞めて、今はレアジョブ英会話
  • コンタクト・・・妻のみ

ちなみに、これで残った部分を、お小遣い投資またはお小遣い預貯金としています。(毎月使い切っているわけではないです)

気づいたら貯まってました

以上を実施していた結果、気づいたら貯まっていたというのが正直なところです。ぶっちゃけ4年程度では、投資信託やETFで積み立てても、そこまで利益は出ないので、給与から貯めたといっても過言ではないです。

ちなみに、安い食材を買うために遠くのスーパーに行ったり、外食を我慢したり、お菓子を我慢したり、ということはほとんどやっていません。せいぜい、やっても「コンビニではお菓子を買わないでスーパーかドラッグストアで買う」くらいです。節約生活で、日々の生活が楽しくないというのは好きではありませんので。

皆さんも自分の生活に取り入れられるものは取り入れてみたら、少しは貯金が増えると思うので、やってみてください。全部真似するなんて必要は全くありませんので、できそうなことだけでよいのです。

節約術については以下でも説明していますので、よろしければご覧ください。

投資・節約
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント