サボらずにオンライン英会話を継続する方法(モチベーション・時間)

スポンサーリンク

はじめに

オンライン英会話を始めてみた(サブスク契約をしてみた)けれども、緊張するし、うまく喋れなかったらどうしようと、なかなかやる気が起きない人向けの記事です。

私も以前はそうでしたが、以下で紹介する方法を行うことで、3年間で通算250時間以上のレッスンを受けることができました。※日数で割ると1日あたりで大した時間はやっていないのですが、続けることが重要です。

せっかくオンライン英会話をやっているのだったら、サボらずに継続して英語力をメキメキアップさせたいですよね。そのためにまずは「継続する」ということにフォーカスして、サボらずに継続する方法をご紹介していきたいと思います。

そもそもオンライン英会話とは

そもそも「オンライン英会話とは」というところですが、オンライン英会話とはその名のとおりオンラインで(インターネットブラウザもしくはSkypeなど)を使って、英語講師と英会話するものです。英語ネイティブや、公用語が英語である国の人と格安でレッスンできるサービスです。

対面の英会話学校だと、1回あたり45-60分で20〜30回のレッスンを受けるプランで20万円以上することが多いですが、オンライン英会話では1回あたり30分前後、一ヶ月毎日(31回)受けても6500円くらいから受講できます。対面レッスンの30分の1くらいなので破格です。

私は、レアジョブとCamblyをこれまで使ってきました。そのサービスや特徴の比較については以下をご覧ください。

方法1:レッスンを毎日決まった時間に受ける(おすすめは朝)

それでは継続してレッスンを受ける秘訣です。もう一番最初に結論ですが、毎日決まった時間に受けるのがおすすめです。なぜなら習慣の力は偉大だからです。

よくある例えかもしれませんが、私は受験生の時に塾の先生に

朝や夜など決まった時間に歯磨きをしないと気持ち悪く(モヤモヤ・不快感など)感じるでしょ?歯磨きをするように勉強しろ

と言われました。

継続して行い、やらないと気持ち悪いくらい習慣化すると、続けることは苦ではなくなります。ハードルも下がります。

「スキマ時間が空いたらオンライン英会話やろう」とか「仕事の後にやろう」と考えていても、結局「疲れているし、また明日にしよう」となったりしますよね。

私は、2020年のコロナ以降在宅勤務や出勤時間を遅らせることができるような日があるので、朝にオンライン英会話のレッスンを受けています。もちろん個々人のライフスタイルによって「朝はほんとに時間ない」「自分夜型だから夜のほうが捗る」とかあると思いますので、自分のライフスタイルにあった時間で、毎日同じ時刻にやるのがおすすめです。

方法2:レッスンを予約する

方法1と結構かぶりますが、毎日決まった時間にレッスンを受けるために、レッスンを予約しておくのが有効です。

最近は、レッスンの予約をしておかなくても、思い立ったときにすぐにレッスンを受けられると宣伝しているオンライン英会話も多いですが、予約しておくほうがおすすめです。

理由は、予定として入れておくことで心の準備ができますし、お気に入りの講師とレッスンができるからです。

私は根が内向的なので、予約なしでいきなりレッスンをスタートさせるには心の準備が結構大変です。なんかモヤモヤしながら

この先生は優しいかな、大丈夫かなー?それともこっちの先生がいいかなー?

といろいろ迷ってしまいますし、いざ

よし、この人に決めよう。レッスンやるぞ!

と思っても間一髪で他の生徒とのレッスンに入ってしまったりまします。苦笑

私は、予約を入れていない日にレッスンを受けようと思っても「どの先生にしようかなー」と悩んで10分以上経ってしまうこともありますし、予約していないとSNSやYouTubeなどに時間を奪われてしまったり等、レッスンを受けるハードルが高くなってしまいます。

自分の好きな講師、教え方がうまい講師、イケメン・綺麗な講師など、人気な講師は予約なしではレッスンを受けられない場合も多いです。

また先程書いたように私は朝にレッスンを受けることが多いのですが、朝にレッスンを予約しておけば、「それに間に合うよう早起きしなければならない」と感じて、早起きできます。しかし、レッスンを予約していないと、なぁなぁになりダラダラと寝坊したりします。苦笑

ちなみに、オンライン英会話サービスによっては、予約しているレッスンを受けたら、次のレッスンが1回予約できるという方式だったり、追加料金を払うことで予約できたりというものが多いですが、私が使っているCamblyは、追加料金なしで何回分でも先の予約ができるので重宝しています。

方法3:TOEICやIELTSなど資格試験で目標を立てモチベーションを保つ

モチベーションを保つ一つの方法として、資格試験を受けるというのもアリです。オンライン英会話に限らず、英語学習では目標がないと成長スピードはかなり変わります。TOEIC 900点!TOEFL iBT100点!!など目標を立てると、「サボっている場合じゃない」という焦燥感が生まれ、継続に役立ちます。

本当は、しっかりと目標を立てて、「いつまでに達成したいか」「それに向けて読む・書く・話す・聞くのどのスキルがどれくらい必要か」「達成するためにどのような教材をやるか、どのような方法で学習するか」というゴールから逆算して学習していくのが一番重要なのですが、本記事では「計画を立ててもついついサボってしまう」という人向けに「とりあえず継続する」ということにフォーカスしています。

方法4:英語系のYouTubeを見る

英語に関するYouTubeを見ると少しモチベーションが得られます。英語系YouTuberの人で自分がオンライン英会話を受けている様子を公開している人もいるので、そういった動画から「こういう話題を話して見るのは面白そうだな」「こういう風にレッスンを進めるのか」などインスピレーションももらえます。

自分のレベルに合わせて、初級中級上級となるようなYouTubeチャンネルを探していただければと思いますが、私が好きな英語系YouTuberを簡単に紹介しておきます。

YouTubeで表示される他のいろいろな動画の誘惑に負けないよう注意する必要があります。またYouTubeばかりを見て、勉強した気になったり何かやった気になったりしないよう注意しましょう。

おすすめ1:Atsueigo

英語学習者には言わずと知れたYouTuberという感じではないでしょうか。オーストラリアの大学院を終了し、オーストラリアの会計事務所で働いたAtsuさんによるチャンネルです。私が英語を学習しようと思った2018年くらいから見るようになったYouTuberです。ロジカルだし納得感があります。

Camblyを使って、オンライン英会話を受ける様子も動画でアップロードされているので、オンライン英会話でどのような話題を話せばいいのかとうい点でも非常に参考になります。

おすすめ2:Kevin’s English Room

英語ネイティブ(ケビン)・英語上級者(やま)・英語初心者(かけ)による掛け合いが見てて楽しいチャンネルです。かけさんが英語がそこまで得意ではないということで、初心者の声を代弁しているような感じで、わかりやすい内容となっています。オンライン英会話の様子などはアップロードされていないですが、個人的には、過去形と現在完了形のニュアンスの違いについて解説した動画が特に勉強になりました。その内容を踏まえて、自分のスピーキングに活かすことができるので良かったです。

おすすめ3:だいじろー

こちらは発音について教えている英語系のチャンネルです。だいじろーさんは、香港とフィンランドへのそれぞれ半年間の留学アクセントによる各国の特徴を捉えたコントなどもアップロードしています。

(※ただコント動画はデフォルメして誇張している面もあり、ブラックジョークというか差別じゃないかと心配になるものもあります)

最後に

以上、オンライン英会話を継続する方法でした。せっかくある程度のお金を払ってオンライン英会話を受けられるのであれば、レッスンを受けられる機会を無駄にせずにしたいですね。

勉強・資格
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント