【簡単】格安SIMで年間7万円を節約しよう

新社会人
新社会人

なんか最近、友達がスマホ代は月2000円しかかかってないって言ってたな。でも俺が使ってるdoc○moは、月7000円〜8000円するのに・・・。

このようなことを経験したことはありませんか。私も以前は大手キャリアの携帯電話を使用しており、安くても月6,000円とかでした。しかしmineoという格安SIMに変えてからは月に2,000円かからない状態になりました。

この記事の内容

・格安SIMで節約しよう

・最近は通信速度を重視している人でも格安SIMで十分

スポンサーリンク

格安SIMとはなにか

簡単に言えば、大手キャリアであるdocomo・au・softbankから回線を借りて、契約者に提供している通信事業者です。大手キャリアのように設備投資に莫大なお金をかけておらず、街なかにショップがないことで人件費も抑えられているため、料金が低価格に設定できるものと思われます。

(楽天モバイルは大手キャリアの仲間入りを果たし、独自で基地局も増やしているものの比較的安い価格設定なので、扱い・カテゴライズに迷うところです。)

今、大手キャリアで安くなった目玉プランにしておらず、7,000円〜8,000円かかっている人は、私と同じ使い方であれば5,000円〜6,000円くらいは毎月の金額を下げられると思います。

※ただ、私は家にWi-Fiがある+普段の利用量が少ないという個人的な要因もあります。

でも、通信速度が遅いんじゃないの?

結論から言えば、大抵の場合大手キャリアよりは遅いです。しかし、それが気になるのは、昼の12時〜13時くらいです。私の場合は、その他の時間帯では気になりません。

普通にSNSや、ネットサーフィン、各種アプリも問題なく使用できています。

格安SIMの中でもUQ mobileなどは、時間帯によって大手キャリア並かそれ以上の通信速度が出るようです。

私のスマホの使用具合

家ではWi-Fi

私の家(賃貸)ではインターネットが無料で提供されています。そこに無線LANルーターを自前で用意して使っています。スマホもWi-Fiにつなげていますので、家では携帯の会社の通信量は使いません。

外出時もできるだけスマホに時間を奪われたくない

私の場合、スマホでダラダラと時間を浪費してしまうのが嫌いなため、外出時にも動画を見ることも少ないです。それであれば、英語の参考書を読むなり、小説やビジネス書を読むなりしたいと考えています。

以上の2点から、大手キャリアほどの通信速度は求めていませんし、通信量もそんなにいりません。

スマホを多様する人は大手キャリアでよいのでは

私のようなスマホの使用量の人はもちろん格安SIMがオススメですが、最近では大手キャリアの傘下の格安SIMも出てきています。それらを契約すれば大手キャリアよりだいぶ安くなるはずです。

auの傘下ではUQ mobile、ソフトバンクの傘下ではY!mobileがありますが、これら2つは、その他の独立系の格安SIMよりも通信速度が早い傾向にあります。

毎月の金額としては、mineoなどよりは少し高めになりますが、大手キャリアよりは安くなりますのでオススメです。

オススメの格安SIMはどれ

以下でオススメの格安SIMを3つ紹介していきます。

楽天モバイル

これまで格安SIMとして、大手キャリアの回線を借りていた楽天モバイルですが、2020年から、大手キャリアの仲間入りをしました。私もmineoから乗り換えて楽天モバイルを利用しています。

注目すべきは、料金プラン(Rakuten UN−LIMIT Ⅵ)で、1GB未満のデータ通信なら0円となることです。

公式サイトより https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/

よくポイントキャンペーンなどもやっているので、一度使ってみて、だめならもとの通信会社に戻すというのもありだと思います。

私は以前書いたように楽天サービスを使い倒す、いわゆる楽天経済圏に入っている民でもありますので、楽天モバイル契約でSPU(スーパーポイントアッププログラム)の+1倍が得られています。

また私の場合、結構な頻度で海外出張に行くことになりそうなので、海外でも使えるというところが気になっています。そのうちiPhone SEのデュアルSIMとして試してみたいと思っています。

mineo

私が次にオススメするのは、楽天モバイルが出てくるまで実際に使っていたmineoです。前述のように、大手キャリアの傘下である格安SIMのほうが通信速度は早いのですが、そうではない格安SIMの中では、mineoが通信速度が速いです。

LaLa CallというIP電話のアプリを使用すれば、電話の通話料も抑えられますし、追加費用なしで、留守番電話も使えます。

個人的に良いと思っているのは、「パケット放題 Plus」というサービスです。これは月額+385円(税込)払うとつけられるオプションで、高速通信のデータ容量を使い切った後でも、最大1.5Mbpsでデータ通信ができるというものです。

ちなみに最大1.5Mbpsでも快適に使えるかという点についてはmineoもアンケートを取って以下のように公表しています。

公式サイトより https://mineo.jp/service/data/packet-free/

また、マイネ王という利用者同士のコミュニティページがあり、そこでいろいろ情報交換ができます。サポート体制に一役買っているといえます。わからないことがあったらそこで聞くことができます。なお、私はiPhone SE(2020モデル)でmineoを使用しているのですが、iOSがアップデートされる際は、公式アカウントが動作確認結果をすぐに公開してくれるので助かっています。

私が契約していたときは、新型コロナウイルスの影響もあり自宅にいることが多かったので、毎月500MBのプランにして、金額重視で利用していました。12ヶ月平均で月々1800円くらいの利用料でした(2021年の料金プランの改定前だったので、今よりも少し高めです)。

楽天モバイルとmineoを併用

前述の楽天モバイルとmineoを併用するという手もあります。デュアルSIMとして、2枚のSIMを入れるもしくは、片方をeSIMにすることで、2つの通信会社のプランを1つの端末に入れることができます。

楽天モバイルで1GB未満のデータ使用なら0円なのを利用して、mineoで1GB+パケット放題 Plusを契約すれば、月額1,265円(税込)で2GBの高速通信と、制限後も最大1.5Mbpsの通信が出来ます。

楽天モバイル単体で3GB未満の利用で1,078円(税込)の方が値段的には安いですが、mineoの回線を使えることで電波の受信のしやすさというメリットがあります。

UQ mobile

最後に大手キャリアの傘下であるUQ mobileです。速度が安定していることで定評があります。auの傘下なので当然といえば当然ですね。また格安SIMでは、対面でサポートを対応してもらえるショップがないことが多いですが、UQ mobileは取り扱い店舗も豊富です。

販売店舗一覧(UQ WiMAX)│UQ WiMAX(ルーター)【公式】
UQ WiMAXの公式サイトです。UQ WiMAXの販売店舗一覧ページ。高速モバイル通信サービスをご検討中の方は、お気軽にご来店下さい。

また、softbank傘下のY!モバイルと比べて、未使用データ容量の繰越や料金プラン的にも私好みであるため、私がもし速度重視で格安SIMを使うならUQ mobileです。

最後に

以上のように、格安SIMを使用すれば、通信量が月額5,000円〜6,000円削減できます。年額に直すとで60,000〜72,000円です。これは小さいように見えますが結構大きいです。仮にこの金額の収入を株の配当金で増やそうとすると、年3%の配当利回りだとしても、200万円〜240万円の投資元本が必要となります。それが、節約によって簡単に得られるのですからやらない手はありません。

(なんなら、自分が使うのは格安SIMで、投資でdocomoやKDDIの株を買って配当金をもらうのが良いのではないかと思っています。笑)

節約については以下でも記事を書いていますのでよろしければご覧ください。

また以下のように新社会人向けの節約・投資の記事も書いていますので、よろしければこちらもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました