日本国債しか買えない大学でも利回りを取れるラダー型運用

前回、前々回と大学の債券投資について書きましたが、規程上、劣後債や外貨建て債券は買えないという大学のために、今日は日本国債のラダー型運用について書きます。

 
ラダー型運用とは、横軸に各債券の残存年、縦軸に債券の数量をとり、例えば毎年10年国債を同じ数量だけ買い、残存期間が1年〜10年まで持って、償還が来たらまた10年国債に再投資するというものです。縦軸の数量と、横軸の残存年からラダー(はしご)のように見えることから名付けられたようです。
 
参考:FPオフィスNeemo
さらに、これを償還ではなく、一定の残存年を切ったら売却して再投資するものを部分ラダー型運用などと呼びます。
 
日本国債部分ラダー型運用は、金利変動リスクへの耐性があり、インカムゲインとキャピタルゲインの両方を狙えることがメリットです。
金利変動への耐性という点では、金利が低く(債券価格が高く)なったら、途中売却してもよいですし、最悪金利が高く(債券価格が安く)なったら、償還まで保有すれば単価100で戻ってきます。
 
デメリットとしては金利が高くなった時、売れずに、塩漬けにするため、機会費用がかかることでしょうか。
 
インカムゲインとキャピタルゲインを狙えるというのは、利金とローリング効果による売却益です。
 
通常、残存年が長い債券はクーポンが高いです。例えば20年国債が0.21%とします。20年国債を10年保有すると、残存10年でクーポン0.21%の債券となります。もし10年後も同じくらいの金利水準だとしたら、この債券をみんな欲しがります。そのため、債券単価(時価)が高くなり、利回りで見て、新発10年国債と同じ利回りになるような債券価格になります。これを売却すると売却益が発生します。
 
参考:野村證券

前提としては、イールドカーブが順イールドである(長期債の方が、短期債より利回りが高い)でないといけません。
また、このイールドカーブの傾きが変わらないことが理想です。
 
国債の金利は変動しますので、理想の通りには行きませんが、金利変動耐性もあるので、単に普通に国債を買うだけよりは良さそうに思います。
 
ネックになるのは、超長期債を買える規程になっているかというところ、既発債を単価100以上(オーバーパー)でも買える規程であることですね。
この辺がクリアできれば検討する価値はあると思います。
 
関連記事
大学職員
スポンサーリンク
ぴろセルフインベストメント